任意売却について

様々なご事情から住宅ローンの返済が困難になり、滞納しそうな方や既に滞納してしまっている方。
このまま放っておくと競売により強制的に不動産を処分されてしまいます。
そうなる前に、競売よりも有利な任意売却をご検討下さい。


任意売却とは

任意売却とは

「任意売却」とは、住宅ローンなどの融資を受けている金融機関(債権者)との合意により、住宅ローンの返済が困難になった不動産を処分する手続きとなります。
また、それとは別に住宅ローンの返済が滞ったときに、担保となっている不動産を裁判所が強制的に売却することを「競売」といいます。

住宅を購入するとき、ほとんどの人が、金融機関の住宅ローンを利用して購入されます。
金融機関は融資の担保として、購入した不動産に対し抵当権を設定いたします。
これは、万が一住宅ローンの返済が滞った際に担保を売却して住宅ローンの残債を金融機関が確保するためものです。
したがって、不動産を売却するときは、この抵当権を抹消してもらう必要があります。

任意売却とは

抵当権解除の要件として、融資残高の全てを返済する必要があります。不動産の売却金額が融資残高より高ければ何ら問題ないのですが、下回ってしか売れない場合は全額返済ができません。この場合に金融機関(債権者)に返済金額が足らなくても抵当権を抹消してくれる合意を得て、不動産を売却することを任意売却といいます。

任意売却は競売より高く売却できる可能性があり、金融機関(債権者)もより多くの資金回収が期待できることから、残債に対して柔軟に対応してもらえます。話し合いによっては、引越し費用なども出してもらえる可能性も十分にあります。
返済が厳しい!このままでは競売にかかってしまうかも!と思われている方、まずはお気軽にご相談下さい。


任意売却のメリット

  1. 競売よりも高い金額で売却が可能
  2. 任意売却により当社が購入する場合、住宅ローンで破綻したことや、債務に苦しんでいることを周囲に知られずに売却することができます。
  3. 競売と違い、金融機関等(債権者)より引越し費用や当面の生活資金の提供など、柔軟に対応してもらえる場合がある。
  4. 引渡し時期など、柔軟な対応が可能です。