契約までの流れ

ここでは「仲介」と「買取」の一般的な価格査定から引渡(決済)までの流れをご紹介します。不動産の売却をご検討の方はどちらがご自身の状況に適しているかご参考にして頂ければと思います。
※買取の流れについては、当社が行う一般的な例をご紹介しております。


仲介の場合

価格査定

周辺の販売事例や成約事例を調査のうえ、売却予定の物件が現在どのくらいで販売可能か売出価格の提案があります。

※売出価格は広告に掲載する価格であり、実際の売却価格とは異なります。

媒介契約の締結

売出価格についてお客様と仲介会社で打ち合わせをおこない、双方納得のうえで媒介契約を締結いたします。

売出の開始

媒介契約締結後、新聞の折り込みチラシやインターネット広告などを利用し、広く一般購入者に向け売却活動を行っていきます。

購入希望者の探索

オープンルームの開催を行い、購入者希望者の探索を行います。
また、折り込みチラシやインターネット広告などにより、お問い合わせのあった購入希望者をお部屋への案内を行います。

契約条件の交渉・合意

購入希望者が見つかったら、契約金額、引渡日、代金の支払い条件など契約条件の交渉をおこないます。

売買契約の締結

上記の条件に売主・買主、双方が合意したら売買契約の締結を行います。

住宅ローンのお申込み・承認

買主が住宅ローンのお申込みを金融機関に行います。申し込みから承認まで1~2週間程度かかります。

※住宅ローンの承認がおりなかった場合は、白紙解約となり手付金の返還を行い、一から購入希望者を探しなおすことになります。

引渡(残金決済)

買主の住宅ローンの承認など諸条件が整えば、引渡(残金決済)となります。


買取の場合

価格査定

お問い合わせいただいた情報をもとに、お客様に内容を確認の上、ご所有の中古住宅の価格を査定させていただきます。
査定方法としては、周辺の販売事例や成約事例を調査させていただき、売却予定物件を実際内見させていただいたうえで、価格をご提示させていただきます。

契約条件の合意

ご提示した価格にご納得いただけましたら、契約条件のお打合せをさせていただきます。
契約から引渡(代金決済)までのスケジュールなどの詳細をお客様のご事情に合わせて決めさせていただきます。

売買契約の締結

上記の内容をもとに、売買契約書を作成し契約の締結となります。

引渡し(残金決済)

契約完了後、代金のお支払手続きとなります。
細かい事務作業は、すべて当社で行いますので、ご安心して売却が完了いたします。
なお、条件によっては、契約・決済が同日に行われる場合もあります。

※当社の場合、価格査定から引渡し(残金決済)まで2週間以内で完了いたします。

早く!確実に!売却するには買取が有利です